男の人と女の人

転職するなら会計事務所の求人をチェック|受かりやすいコツとは

仕事内容と必要なスキル

握手

読み書きと英会話

貿易事務とは、商品の輸入や輸出に関係のある手続きや書類の作成が主な仕事内容です。受発注、通関手続き、倉庫手配など様々な業務があります。取り扱う企業としては、メーカーや商社、国内の通関業者、倉庫会社や船の会社、フォワーダーなどいろいろな会社があります。そして、英語がどのような場面でどのように必要になってくるのかを考察します。まず、英語のスキルは4技能に分類することができます。4技能とは、読み・書き・話すこと・聞くことの4つです。このうち、貿易事務でメールのやり取りや書類の作成を行う場合、読み・書きのスキルが求められます。このような業務を行う相手は国内であることが多いため、基本的な英語のスキルがあれば十分と言えます。また、貿易に関する専門用語を覚えることも大切です。単語の参考書などを活用し、貿易に関する部分を読んで勉強するなどすると、役に立つでしょう。続いて、電話連絡や交渉を行う場合です。このような時には、英語を聞いて話すスキルが必要となります。ここでは、更に話した内容についてメモをとったり、専門用語を用いて貿易に関する内容を話すということが必要になります。したがって、普段から関連のあるニュースをテレビで見て学習したりすることも大切になってきます。また、貿易事務で働きたいと希望する場合は、求人情報誌や職業紹介所などを利用して探す人がほとんどです。しかし、貿易事務の求人は数が多いため、どこが迷ってしまうという人も沢山います。求人の内容は企業によっても違いがあるため、応募する前にしっかり確認するようにしましょう。