男の人と女の人

転職するなら会計事務所の求人をチェック|受かりやすいコツとは

建設工事における管理者

作業員

管理者になるためには

建設工事では、様々な分野の人が協力して作業を行っているので、多くのことを管理する管理者の存在が必要不可欠です。管理の良し悪しで、作業が計画通りにいかなくなったり、結果として期間中に工事を完了させる事が難しくなり、工事費用が余計にかかってしまう可能性が出てきます。このような事態にならないように、建設工事では、様々なことを管理する施工管理技士の配置が必要になります。また、施工管理技士は、工事現場に一人以上いなければならないと法律で定められています。施工管理をするためには、施工管理技士の国家資格が必要で、ほぼ年に一回行われる検定試験に合格しなければなりません。試験は各分野によって分けられていて、土木、建築、建設機械、電気などがあり、一級と二級に区分されています。また、級の違いによって、施工管理が出来る建設工事の種類が変わります。受験資格は、一定の学歴と実務経験が必要で、どの分野の実務経験でも良いという事ではなく、自分がしてきた業務の分野に限られます。しかし、国家資格を取得した後、業務を行う際に注意しなければならない事があります。派遣会社から建設現場に派遣される場合、建設業務を行う事は派遣法で禁止されているという事です。もし施工管理技士として派遣されるのなら、管理業務に特化するしかないので、現場監督を別に配置してもらうか、又は自分以外の施工管理技士を配置してもらうかの選択になるでしょう。最初から責任の重い業務は担当させてもらえませんが、まずは現場経験を積むということも目的に仕事を探しましょう。